グラミープラスは、生理中に飲んでも大丈夫?

グラミープラス

バストアップとボディラインを美しくするといわれるグラミープラス

グラミープラスを飲む人は、様々な薬やサプリと同時進行で飲む人が多いですよね。

そうでなくても、生理中にグラミープラスを飲むとそれもまた、体に何か影響があるんじゃないかと思ってしまいます。

そこで、生理中にグラミープラスを飲んでもいいのかということについて調べてみました。

その前に、現在の女性に多いのがPMSです。

 

PMSとは「プリメントリュアル・シンドローム」といいます

これは難しいので、PMSと呼びます。日本語でわかりやすく言えば「月経前症候群」といわれる症状のことだそうです。

PMSは、排卵日から、生理の日までの高体温期にイライラや不安感に襲われ、そのために体調が崩れ、、便秘、下痢、頭痛などの症状が出ることです。これも一種の病気だそうです。

この病気は、本人の意思とは全く関係ないところで、起こるのですごく厄介ですね。しかも女性限定です。

PMSの場合、イライラする上に、判断力も鈍くなります。仕事でミスをしたり、ヒステリーと思われかねない症状が出たりするんですよ。

「こんな時に私を評価しないで」と思いますよね。

でもこのPMSは、何が原因なのかいまだによくわかっていません。原因がわかれば対策もできるのですが。

いずれにしてもこのPMSは生理のある女性の約半数は経験することになります。

頭痛持ちや不眠症などもこのPMSが原因であることがあります。

女性ホルモンの変調、血液中のブドウ糖の低下(低血糖)、またはビタミンB6の欠乏などが原因ではないかともいわれています。

こういった症状を軽くするために低用量のピルを使用するという手段もありますが、一方で、グラミープラスを飲むことで改善したという人もいます。

基本的には、グラミープラスも女性ホルモンに影響する成分が含まれているので、全く関係がないといえばうそになります。

グラミープラスの販売会社では、グラミープラスは、栄養補助食品なので体に悪い影響を与えることはないといっています。なので生理中に飲んでも差し支えはないようです。

しかし、生理中、妊活中、妊娠中、授乳期間は、摂取することをやめておいた方がいいということです。

確かに、妊娠中や授乳期間はちょっと影響があるかもしれませんが、私の友人で、かえって生理が楽になったという人もいました。

これは人それぞれのようです。

多くの人は、ほとんど影響がないようです。

女性ホルモンに似た成分が含まれているので、いい方向に効果が出ればいいのですが、悪い方向に効果が出る場合もあるようです。

いずれにしろ生理中は、少し慎重に飲むようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました